ハマ日記

タイでの生活を終え、日本へやって来たウサギと、ハマ家の日常
  [ 間取り図と実際が違う ]
2010-10-07(Thu) 23:18:08
先住者がまだ退去していないために、実際の家の中を見れなかった部屋、
先住者が退去し、契約した部屋の内見が出来るようになったので、見に行ってきました。

2つの部屋の間のドアを開き、広く開放的に使える間取りが気に入って契約した部屋、
間取り図にはスライド式のドアがあるマークが入っていました。

↓アパマンショ。プからもらっていた間取り図
間取り

なのに、実際に見たら「ただの壁」。

↓実際に見た間取り図
間取り2

和室と洋室の間にドアが無く、壁があります!

さらに、玄関横の広めのスペースも無い
間取りが逆になっているのは問題無いですが、

和室と洋室の間のドアが無く壁ってどういう事?

一番気に入っていたポイントが無い!!

アパマンショ。プの担当に聞いてみたら、

担当「 前住んでいた人が改装したかも知れない 」
ハマ「 なら掃除が始まった一週間前に何で連絡くれなかったんですか? 」
担当「 掃除は業者がしているので…… 」
ハマ「 この壁の事知らなかったんですか? 」
担当「 私、部屋の中を一度も見ていないので 」

その他、いい訳いっぱい

アパマンショ。プのCMで、イメージキャラクターの上戸彩は、

上戸彩「アパマンショ。プの社員が自ら物件を掃除するのは、間取り図だけではわからない事を伝えたいから(中略)それがお部屋探し品質ってワケよ」

って言っていますが……
あれって何なんですかね?

それとも、私が行ったお店だけがダメなわけ?


調べてみたら、同じような経験をされている方も居るようでして、
今回のケースは、


民法95条、錯誤(さくご)による無効の訴え


が適用されるようです。
契約の取り消しではなく、初めからから「無効」だったという事になり、契約金なども返してもらえるそうです。

現時点では、契約を無効にするよりも、図面どおりの部屋にリフォーム(元に戻せる)出来るかを確認している所です。
スポンサーサイト
ハマさんの日常トラックバック : 0コメント : 4
賃貸契約、その後HOME引越し予定日

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
b y | 2010.10.07(23:53) | | [EDIT] |
100%のミスなのによく言い訳するね?
徒労の悔しさは一杯なのにね。
平謝りもできないにかしら???
逆になってるとこも使い勝手は同じとしても
契約者にその図面が渡るとこから問題だね。
だいたい前住人が賃貸契約でリフォームすることも考えにくいし、
リフオームするなら部屋を出る時、現状に戻すのも前住人がするのは当然なはず。

あのCMとの差はひどいね!
絶対、壁開口してもらいなさい! 
引き渡し期限に遅れるなら代償を請求できないかしら
ペナルティで 仲介手数料の値引き位 喰いついてみるのもいいかも。
b y TAKA | 2010.10.08(08:39) | URL | [EDIT] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
b y | 2010.10.09(01:32) | | [EDIT] |
  >TAKAさん
嫁が不動産に再確認した所、

あぱ「 壁とフスマは似たようなものでしょ? 」
あぱ「 住む人の使い方次第しゃないんですか? 」

と、最後までこんな態度でした。
仲介手数料は無料にしてくれるそうですが、こんな不動産を使っても、今後のトラブルが怖いので別の不動産で物件を探します。
b y ハマ | 2010.10.18(06:05) | URL | [EDIT] |

コメント入力

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ihama.blog24.fc2.com/tb.php/564-6dcf0b27



copyright © 2017 ハマ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi